トップ > 自己紹介 > 私と私の家族

私と私の家族

私は現在36才です。
子宮内膜症・クラミジア・左の卵管水腫があり
7月から不妊専門病院へ通い始めました。
体外受精で子供を授かりたいと思っている一人です。

私の家族は、ひとつ年下のダンナと中学1年生の娘1人です。
なので、二人目不妊ということになります。
1人居るならいいじゃな?い!と思われる方も多いでしょうし、
実際そう言われるし、私は恵まれているとは思っています。
でも、欲しいものは欲しいんです!

私たち夫婦は私が娘を連れて再婚、ダンナが初婚なので
ダンナの子どもが欲しいし、私も産んであげたい!と心から、思っています。

ダンナはとっても子ども好きで、遊ぶのも叱るのも上手で
10分もあれば、子どものハートをつかんじゃいます♪
娘のことも大切に思ってくれて、面倒もよくみてくれています。
私と娘にとって、ダンナに出会えたこと、家族になれたことが
何よりの幸せなのです。
だから、この人にもっと幸せになってもらいたい・・・

人生は子どもを産むことだけが幸せではないと思います。
でも、一度は妊娠・出産・子育てを経験した私だからこそ、
子どもの愛おしさ、大切さ、楽しさ、悩みなどを味わったからこそ
また次が欲しいと思えるのです。

ダンナとは2年半前に結婚。入籍する半年位前から、不妊治療を
始めました。
なので、不妊治療で2年、お休みして1年経ったところで
体外受精へとなったわけです。

これからどんな風に治療が進むかはわかりませんが
この記録が、これから体外受精をしたいと考えてい人方や
不妊治療を頑張っている人への、少しでもお役に立てればいいな
と思っています。

この記事のカテゴリーは「自己紹介」です。
家族の紹介です。
関連記事

私と私の家族

私は現在36才です。 子宮内膜症・クラミジア・左の卵管水腫があり 7月から不妊専門病院へ通い始めました。 体外受精で子供を授かりたいと思っている一人です。 私の家族は、ひとつ年下のダンナと中学1年...