トップ > 男性の不妊症 > 男性の不妊の原因

男性の不妊の原因

主な男性不妊の原因は、造精機能障害で、これは、男性不妊の9割を占めます。造精機能障害とは、精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症のことで、精子奇形症を加えることもあります。射精された精子のには、奇形が混じるもので、奇形が混じっている割合が高いと妊娠しにくくなるのです。

妊娠可能な精子というのは、精子の数が、1mlの精液の中に、4,000万個以上存在し、その運動率が50%以上のものです。それが、精子の数が、4,000万個以下なら、精子減少症、1,000万個以下なら、乏精子症、精子が0の時は、無精子症ということになります。

不妊の原因として、4割が男性不妊、4割が女性不妊、2割が原因不明であるということです。造精機能障害の他の男性不妊の原因としては、副性器障害、精管通過障害、性機能障害などがあります。これらは、自然妊娠を難しいものとしているものですが、現在では、生殖医療技術が進歩して、AIH(配偶者間人工授精)、体外受精、顕微授精、AID(非配偶者間人工授精)などによって妊娠が可能になってきています。赤ちゃんが欲しくても、なかなかできなかったら、ぜひ、男性も一緒に、受診して、検査を受けるようにしましょう。早ければ、早いほど、赤ちゃんも、早く授かるかもしれないのです。

この記事のカテゴリーは「男性の不妊症」です。
男性の不妊症について
関連記事

男性の不妊

不妊の割合は、男女とも同じだそうです。でも、男性には、産婦人科にあたるものがないので、まだまだ、開発中だということです。男性の場合の不妊とは、乏精子症(精子の数が少ないこと)、精子無力症(精子が活発で...

男性の不妊の原因

主な男性不妊の原因は、造精機能障害で、これは、男性不妊の9割を占めます。造精機能障害とは、精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症のことで、精子奇形症を加えることもあります。射精された精子のには、奇...

男性の不妊治療

体外受精は、精液から分離された精子と、卵胞から吸引された卵子を胚培養室で媒精し、受精卵を子宮に戻すもので、最先端の不妊治療ですが、この過程で、さらに、高度な技術を用い、さらに、重度の不妊症を治療するも...