トップ > 不妊症について > 体外受精の不妊症治療

体外受精の不妊症治療

体外受精は、1978年、イギリスのマンチェスターで、初めて成功しました。日本では、1983年、東北大学医学部付属病院で赤ちゃんが誕生しました。当時は、試験管ベビーと呼ばれたこともありましたが、これは、正確な名称ではありません。治療に試験管は使われません。より高度の顕微授精は、1992年、ベルギーで初めて出産に成功し、同じ年に、日本でも成功しました。まだまだ、歴史は浅いですが、技術は、どんどん進歩し、赤ちゃんも増えてきています。

現在、体外受精は、妊娠率が25%と、特別高い成功率ではありませんが、不妊治療として、確率しつつあります。体外受精の治療を受けられる医療機関も年々増加し、全国的に増えてきています。主に、体外受精の対象となるのは、卵管閉塞など器質的な原因による不妊や、タイミング方や人工授精など、他の治療で妊娠しなかった場合、考えられる選択肢です。まだ、保険の対象とならないので、費用は全額負担しなければなりません。病院により、大体30万から50万円位かかります。ただ、地方自治体の助成金や、民間の保険会社には、体外受精を対象としたものがあります。

この記事のカテゴリーは「不妊症について」です。
不妊症について
関連記事

不妊治療の保険と助成事業

不妊治療は、体外受精や顕微受精など、高度の治療には、健康保険が適用されません。もちろん、高度の治療ほど、高額となり、病院によって異なりますが、大体、体外受精で、1回25万円以上。顕微受精で、1回35万...

排卵誘発剤による不妊治療

不妊の原因が、排卵にある場合、その原因に直接働く、排卵誘発剤を使うことは、効果が期待できる治療です。しかし、その分、副作用によるリスクも覚悟しなければなりません。たびたび話題になる多胎妊娠もこの治療に...

不妊治療で体外受精をするタイミング

体外受精は、費用も高く、保険も効かない上に、多少リスクもあります。決断には、迷いも生じる事でしょう。それまでの治療に成果がなかった場合や、卵管機能に問題がある場合、精子に問題がある場合は、体外受精を決...

不妊治療を体外受精で

体外受精は、今では、特別な不妊治療でなくなり、治療を受ける人も、治療をする医師も年々増えています。それと、同時に、経験も蓄積され、施設も増えて、充実してきました。副作用のデータも増えて、徐々に改善され...

不妊治療に使う排卵誘発剤

主な排卵誘発剤には、経口排卵誘発剤として、クロミッド、セクソビット、フェミロン、セロフェンなどがあり、注射薬として、HMGなどがあります。不妊の原因が排卵にある人、主に、月経がなかったり、あっても排卵...

カテゴリー
PR

DP]ޏɂƂāut_v̐ێ͋CɂƂłˁBłЉ̂t_̃TvgłB̈ӌďoオTvgłA߂łB
最新記事