トップ > 不妊症について > 不妊の治療

不妊の治療

妊娠を望む女性の10?20%の方に不妊症がみられるそうです。その治療法は、しばらく何もせず、自然妊娠を待つ待機療法から、人工授精や、さらに高度の体外受精まで、いろいろな治療法があります。カップルの年齢が若かく、急ぐ必要が無かったり、タイミングの指導で妊娠の可能性がありそうであれば、わざわざ、不妊治療による、副作用や、治療費の負担などのリスクを選ぶ必要はないのです。

人工授精は、成功率が、10%前後と、あまり高くない上に、保険は、使えません。治療の回数の目安は、5?10回で、一回の治療費は、1万?2万円位の病院が多いようです。その方法は、まず、超音波検査や、尿検査などで排卵日の調べます。そして、予測された当日に、精液を採取します。採取は、自宅でも病院でもできます。その精液は、精子の数、奇形率などを調べて、特殊な溶液で洗浄して濃縮されます。この処理で、精液から精子を分離します。この処理により、精子の数は減りますが、良い精子だけが残り、それを、子宮内に注入して、人工授精は終了します。

人工授精が出来るのは、月に1回きりで、排卵の直前に行われます。頸管粘液に異常がある場合や、精液の質が不良だったり、精子数が少ない場合などでは、人工授精による、妊娠の可能性が高まります。厳密に排卵日を予測できれば、難しい技術ではなく、女性にも、あまりストレスはかかりません。

この記事のカテゴリーは「不妊症について」です。
不妊症について
関連記事

不妊治療の保険と助成事業

不妊治療は、体外受精や顕微受精など、高度の治療には、健康保険が適用されません。もちろん、高度の治療ほど、高額となり、病院によって異なりますが、大体、体外受精で、1回25万円以上。顕微受精で、1回35万...

排卵誘発剤による不妊治療

不妊の原因が、排卵にある場合、その原因に直接働く、排卵誘発剤を使うことは、効果が期待できる治療です。しかし、その分、副作用によるリスクも覚悟しなければなりません。たびたび話題になる多胎妊娠もこの治療に...

不妊治療で体外受精をするタイミング

体外受精は、費用も高く、保険も効かない上に、多少リスクもあります。決断には、迷いも生じる事でしょう。それまでの治療に成果がなかった場合や、卵管機能に問題がある場合、精子に問題がある場合は、体外受精を決...

不妊治療を体外受精で

体外受精は、今では、特別な不妊治療でなくなり、治療を受ける人も、治療をする医師も年々増えています。それと、同時に、経験も蓄積され、施設も増えて、充実してきました。副作用のデータも増えて、徐々に改善され...

不妊治療に使う排卵誘発剤

主な排卵誘発剤には、経口排卵誘発剤として、クロミッド、セクソビット、フェミロン、セロフェンなどがあり、注射薬として、HMGなどがあります。不妊の原因が排卵にある人、主に、月経がなかったり、あっても排卵...