トップ > 不妊症について > 不妊治療を始めるのは

不妊治療を始めるのは

結婚して、子供が欲しいカップルが、1年以内に赤ちゃんが出来る確率が80%。2年以内に赤ちゃんが出来る確立が90%で、この、残りの10%のカップルが不妊ということになるそうです。もちろん、おおよその目安ですが、10組に1組と言うのは、少ない数字では、ありませんね。でも、赤ちゃんが欲しかったら、2年間待つ必要はないようです。特に、高齢で結婚したり、睾丸が小さかったり、正常な夫婦生活が出来なかったり、過去に、開腹手術をしたことがある、などという方は、早めに受診してみてもよいでしょう。不妊治療を始めるということではなくて、不妊症になるかもしれない原因に心当たりがあるので、診てもらう。妊娠する前に、ちょっと、体の状態を確かめておく、というような感じで受診してみてもいいでしょう。

時には、ひとり目の赤ちゃんを産んだ後、二人目が欲しいのに、なかなかできないと思っていたら、不妊症だったという、二人目不妊症ということもあります。いたずらに時を過ごす事はありません。自分の体調を知る上でも、気軽に産婦人科を受診してみましょう。さらに、不妊症は、女性だけの問題ではありません。男性に原因がある場合もあります。検査に行く時は、夫婦、ふたりで行くのが望ましいことです。

この記事のカテゴリーは「不妊症について」です。
不妊症について
関連記事

不妊治療の保険と助成事業

不妊治療は、体外受精や顕微受精など、高度の治療には、健康保険が適用されません。もちろん、高度の治療ほど、高額となり、病院によって異なりますが、大体、体外受精で、1回25万円以上。顕微受精で、1回35万...

排卵誘発剤による不妊治療

不妊の原因が、排卵にある場合、その原因に直接働く、排卵誘発剤を使うことは、効果が期待できる治療です。しかし、その分、副作用によるリスクも覚悟しなければなりません。たびたび話題になる多胎妊娠もこの治療に...

不妊治療で体外受精をするタイミング

体外受精は、費用も高く、保険も効かない上に、多少リスクもあります。決断には、迷いも生じる事でしょう。それまでの治療に成果がなかった場合や、卵管機能に問題がある場合、精子に問題がある場合は、体外受精を決...

不妊治療を体外受精で

体外受精は、今では、特別な不妊治療でなくなり、治療を受ける人も、治療をする医師も年々増えています。それと、同時に、経験も蓄積され、施設も増えて、充実してきました。副作用のデータも増えて、徐々に改善され...

不妊治療に使う排卵誘発剤

主な排卵誘発剤には、経口排卵誘発剤として、クロミッド、セクソビット、フェミロン、セロフェンなどがあり、注射薬として、HMGなどがあります。不妊の原因が排卵にある人、主に、月経がなかったり、あっても排卵...