トップ > 不妊症について

【不妊症について】の内容一覧

不妊治療の保険と助成事業

不妊治療は、体外受精や顕微受精など、高度の治療には、健康保険が適用されません。もちろん、高度の治療ほど、高額となり、病院によって異なりますが、大体、体外受精で、1回25万円以上。顕微受精で、1回35万...

排卵誘発剤による不妊治療

不妊の原因が、排卵にある場合、その原因に直接働く、排卵誘発剤を使うことは、効果が期待できる治療です。しかし、その分、副作用によるリスクも覚悟しなければなりません。たびたび話題になる多胎妊娠もこの治療に...

不妊治療で体外受精をするタイミング

体外受精は、費用も高く、保険も効かない上に、多少リスクもあります。決断には、迷いも生じる事でしょう。それまでの治療に成果がなかった場合や、卵管機能に問題がある場合、精子に問題がある場合は、体外受精を決...

不妊治療を体外受精で

体外受精は、今では、特別な不妊治療でなくなり、治療を受ける人も、治療をする医師も年々増えています。それと、同時に、経験も蓄積され、施設も増えて、充実してきました。副作用のデータも増えて、徐々に改善され...

不妊治療に使う排卵誘発剤

主な排卵誘発剤には、経口排卵誘発剤として、クロミッド、セクソビット、フェミロン、セロフェンなどがあり、注射薬として、HMGなどがあります。不妊の原因が排卵にある人、主に、月経がなかったり、あっても排卵...

体外受精の不妊症治療

体外受精は、1978年、イギリスのマンチェスターで、初めて成功しました。日本では、1983年、東北大学医学部付属病院で赤ちゃんが誕生しました。当時は、試験管ベビーと呼ばれたこともありましたが、これは、...

不妊の治療

妊娠を望む女性の10?20%の方に不妊症がみられるそうです。その治療法は、しばらく何もせず、自然妊娠を待つ待機療法から、人工授精や、さらに高度の体外受精まで、いろいろな治療法があります。カップルの年齢...

ホルモンによるカウフマン療法

カウフマン療法とは、不妊の原因が、月経周期の異常(生理不順)や無月経、機能性子宮出血などにあるときに行われる不妊治療です。卵胞ホルモン(エストロゲンなど)と黄体ホルモン(プロゲステロンなど)を投与する...

不妊治療によるストレス

結婚してすぐに妊娠しないからといって、また、子供が欲しくなっても、すぐに妊娠しないからといって、すぐに不妊治療を始める人は多くありません。多少の差はありますが、ある程度の期間悩んでから不妊治療を始める...

不妊治療をしてくれる病院

最近は、不妊治療をしてくれる病院は、大変増えています。それぞれ、得意とする分野も様々です。女性の生理周期に合わせるため年中無休、夜間の予約診察をしてくれる所や、地元の産婦人科と連携を取ってくれる病院。...

不妊治療を始めるのは

結婚して、子供が欲しいカップルが、1年以内に赤ちゃんが出来る確率が80%。2年以内に赤ちゃんが出来る確立が90%で、この、残りの10%のカップルが不妊ということになるそうです。もちろん、おおよその目安...

クラミジアによる不妊

不妊の原因のひとつに、性感染症があります。クラミジア感染症や淋病に感染して、放置しておくと、不妊症になる危険があります。クラミジア感染症は、クラジミア・トラコーマチスという微生物が原因の日本で、多く見...

子宮内膜症の治療

子宮内膜とは、受精卵が着床して育っていくための役割をする場所です。普通は子宮の中にできますが、それが、子宮以外の場所に出来てしまうのが、子宮内膜症です。子宮内膜症は、骨盤の中の下腹部の内部(卵巣、腹膜...

卵管の検査

卵子や精子が通る卵管は、細長い場所なので、詰まったり、癒着しやすく、不妊の原因となりやすい場所です。この卵管障害による不妊は、不妊原因の3割ほどを占めています。卵管の状態を調べるには、子宮から、卵管に...

不妊の子宮卵管造影検査

子宮卵管造影検査は、不妊の治療をする時に行われる大切な検査です。卵管の通過性と、子宮の内部の異常を調べると同時に、詰まりや癒着が軽症の場合は、その治療にもなります。検査の方法は、子宮口からバルーン(小...

フーナーテストによる不妊検査

妊娠には、射精、排卵、受精、着床の要素が必要です。なぜ、不妊なのかを調べるために、これらの事に関していろいろな検査があります。フーナーテストもそのひとつです。 フーナーテストは、頸管粘液中の精子の状態...

生理と不妊

毎月の生理の様子に気を使うことでも、不妊に気付くきっかけになることがあります。生理痛が酷かったり、出血が多い場合は、子宮筋腫や、子宮内膜症などの疑いがある場合があります。生理不順や、あまりにも出血が少...

不妊治療を始めるにあたって

不妊とは、一般的に、赤ちゃんが欲しいと思って、性生活をしても、2年以上妊娠しない状態をいいますが、赤ちゃんが欲しかったら、1年たって、妊娠しなかったら、産婦人科を訪れてもよいでしょう。 もし、基礎体温...

不妊の治療を始める前に

赤ちゃんが欲しいと思っているカップルが、1年以内に妊娠する確率が8割。2年以内に妊娠する確率が9割。残りの1割のカップルに不妊の疑いがあるそうです。どうしても、赤ちゃんが欲しいカップルや、女性が高齢の...

不妊症について

不妊症について