トップ > 不妊治療の記録 > 不妊治療が始まったワケ

不妊治療が始まったワケ

私がなぜこんなに婦人科に通い、高額な医療費を払わなければ
ならなくなったか?というと、

5年ほど前、いつまでも終わらない長引く生理を診てもらうため
実家近くの婦人科へ行ったことがそもそものキッカケとなります。
多分、ストレスのせいだろうな?と軽い気持ちでの受診でした。
「出血は心配いらない。じきに治まるでしょう。子宮も問題ありません。
ただ?・・・左の卵巣に血が溜まっています。
いわゆる子宮内膜症というヤツです。
あなたの場合かなり進行している状況です。」
は?うそ?何で?私が?とショックでした。

治療方法は?
「あなたはまだ若いので、妊娠するのが一番だと思います。
子どもが欲しいのなら、早目がいい。」
そんなぁ?!そんなのまだ無理だよ?!
だって、その時の私はまだバツイチでしたから。
休みなく懸命に働いていた頃です。

原因は?
「いろいろと言われていますが、はっきりとした原因はわかりません。」
わからないって何?と思って、家に帰ってネットでいろいろと調べました。
生理時の血液の逆流説、ストレスなど・・・
あの頃、休日も返上、仕事は毎日家に持ち帰り、職場での人間関係で
かなりのストレスが溜まっていたことは確か。
しかもあの頃は気持ちが後ろ向きだったし。
実家に居候していたとはいえ、
女手ひとつで娘を育てていかなければならないプレッシャーとストレスは
かなりのものだったと思います。今思うとね・・・。

今のこの幸せでゆったりした生活からは考えられないですわ?。

結論からいうと、私が治療を始めたワケは『子宮内膜症の治療のため』
だったということです。
でも、こんなに苦悩して、時間がかかるとはこれっぽっちも思っていなかった。
いつしか『子宮内膜症の治療のため』→『赤ちゃんを授かるための治療』へと
気持ちが移行していったのです。

この記事のカテゴリーは「不妊治療の記録」です。
不妊治療についてご紹介しています。
関連記事

KLC初診のタイミング

不妊治療の初診のタイミング、いつ受診するかって悩みますよね?。 KLCのホームページには、排卵日直前に性交渉を持ってから行くと その日にヒューナーテストができたり、場合によっては採卵もあり得るとなって...

排卵日?

7月27日(金)3回目の通院です。 生理周期14日目、そろそろ排卵日かな?? 今回も前回と同じ流れで、 再来受付→内診→採血→診察の順番でした。 右の卵胞は11?のまま育っておらず、左は11m...

ヒューナーテスト

7月25日(水)初診から5日後に2回目の診察です。 前の病院でヒューナーテストをしていなかったので、 今回することになりました。 (もしかするとやってくれていたかもしれなけど、詳しいことは 知らせても...

不妊治療が始まったワケ

私がなぜこんなに婦人科に通い、高額な医療費を払わなければ ならなくなったか?というと、 5年ほど前、いつまでも終わらない長引く生理を診てもらうため 実家近くの婦人科へ行ったことがそもそものキッカケ...

不妊治療を休んでいた間

不妊治療をお休みしている間だって、妊娠を諦めたわけではなかったし、 きっといつかは赤ちゃんを授かるぞ!と思ってはいました。 でも、本当にできるのか?という不安は正直いつも付きまとっていました。 友人や...

カテゴリー
PR

DP]ޏɂƂāut_v̐ێ͋CɂƂłˁBłЉ̂t_̃TvgłB̈ӌďoオTvgłA߂łB
最新記事